本文へスキップ

 

                                                   


預金保険制度により金融機関が破錠したとき預金保険でお客様の預金などが保護されることです。
尚、預金等の保護される範囲は以下のとおりです。

    平成17年3月末まで 平成17年4月以降
預金保険の対象預金等 当座預金
普通預金
別段預金
全額保護 利息が付かない等の条件を満たす
預金は全額保護(決済用預金)
定期預金
定期積金
貯蓄預金
通知預金
納税準備預金
合算して元本1,000万円までとその利息等を保護
1,000万円を超える部分は、破錠金融機関の財産の状況に応じて支払われます。
(一部カットされることがあります。)
預金対象外 外貨預金
譲渡性預金
保護対象外
破錠金融機関の財産の状況に応じて支払われます。
(一部カットされることがあります。)

 (1)無利息 (2)要求払い (3)決済サービスを提供できることという3条件を満たすものです。 例えば、当座預金や利息のつか
 ない普通預金が該当します。

  1金融機関ごと預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息が保護されますが(決済用預金は全額保護)、破綻金融
  機関に同一の預金者が複数の預金等の口座を有している場合、それらを合算して、預金保険で保護される預金等の総額(付保
  預金額といいます。)を算定します。これを「名寄せ」といいます。

  名寄せは預金保険機構で行いますが、破綻金融機関から正確な預金者データが迅速に提出されないと、付保預金額が確定で
   きず預金等の保護を円滑に行う上支障が生じることになります。

  名寄せのために、正確な預金者データを整備するには預金者の皆様の氏名、生年月日、住所(法人の場合は名称、設立年月
   日、所在地)、電話番号等が必要です。この為、預金者の皆様は引越しや結婚等によりこれらの事項に変更が生じた場合、
   速やかに手続きをお願いいたします。

   詳しくはお近くの窓口にてお尋ね下さい。

   または、預金保険機構ホームページをご覧下さい。

真岡信用組合

〒321-4361
栃木県真岡市並木町1-13-1

TEL 0285-82-3496