本文へスキップ

                                                    

振り込め詐欺等にご注意ください

  • ●オレオレ詐欺:電話で息子や孫などを装い「会社の小切手が入ったかばんを電車に置き忘れたので資金を準備して
     欲しい」などと偽って、会社の部下と称する者が現金を自宅に受け取りに来たり、レターパックで送付させたり、
     或いは、預金口座に振り込ませたりして、お金をだましとる事件が発生しています。
  • ●架空請求詐欺:不特定多数の方に対して、架空の事実を口実とした料金を請求するハガキやEメールを送付したり、
     携帯電話やブラウザ上の画面に、アダルトサイト利用料金など、実際には利用していない料金についての請求画面を
     出したりして、預金口座に振り込ませてお金をだましとる事件が発生しています。
  • ●還付金等詐欺:電話で税務署や社会保険事務所の職員を装い、税金や医療費などの還付が受け取れると偽ってATM
     に行くよう案内し、ATMの操作方法を言葉巧みに説明して、知らぬ間に預金口座に振り込ませてお金をだましとる
     事件が発生しています。
  • ●不審な振込請求にご注意ください
     ◇電話、郵便、メール等により現金を預金口座に「振り込め」という請求に対しては、すぐに振り込まず、ご家族な
      どに連絡を取り、本当に支払う必要のある請求か、事前に必ずご確認ください。
  • ●万が一、不審な請求を受けた場合は
     ◇万が一、不審な請求を受けた場合は、最寄りの警察へご相談ください。
      また、今後の被害を防止するため、振込先銀行へもご連絡いただければ幸いです。
  • ●万が一、不審な請求を受けて振り込んでしまった場合は
     ◇万が一、不審な請求を受けて振り込んでしまった場合は、ただちに、警察と振込金融機関に、対応をご相談ください。
  • ●窓口での振り込み・現金出金時の対応にご協力ください
     ◇警察の指導の下、窓口において、振り込みや現金出金の内容確認など、お客さまへのお声がけを実施しています。
      金融犯罪被害防止のため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
  • ●口座開設時の厳正な本人確認にご協力ください
     ◇不正に利用される口座の開設を防止するため、口座開設の際には、ご利用目的をお伺いしたり、厳正な本人確認を
      させていただくことがありますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
  • ●振り込め詐欺被害資金の返還を受けられるケースがあります
     ◇平成20年6月に施行された「振り込め詐欺救済法」には、振り込め詐欺等の被害によって金融機関に振り込まれた
      まま口座に残っている資金を、被害に遭った方にお返しする手続が定められています。一定の手続を踏んだうえで、
      被害資金の返還を受けられるケースがあります。
     ◇資金の返還を受けるためには、所定の申請書に運転免許証のコピーなどの本人確認資料、被害振り込みの受取書な
      どを添えて、振込先の金融機関宛に申請を行うことが必要です。また、被害の状況により、警察への被害届の受理
      番号などを追加的に確認させていただくことがあります。
     ◇申請書は最寄りの店舗にてご請求ください。
     ◇資金返還の対象となる口座は、インターネット上の預金保険機構のホームページで公開(公告)されます。
      詳しくは公告をご確認ください。
  • ●被害に遭い当組合の口座に被害資金を振り込んでしまった場合
     ◇万一振り込め詐欺被害に遭い、真岡信用組合の口座に被害資金を振り込んでしまった場合には、下記対応窓口まで
      ご連絡ください。
      電話番号: 0285−82−3496
      受付時間:月曜日から金曜日(銀行休業日を除く) 午前9時〜午後5時
      なお、上記以外の場合は信組ATMセンター(047−498−0151)へご連絡ください。

真岡信用組合

〒321-4361
栃木県真岡市並木町1-13-1

TEL 0285-82-3496