本文へスキップ

 

                                                   

  貸付条件の変更などの申込に対する方針  

  平成22年2月1日

  T. 中小企業者の既往の債務に係る貸付条件の変更等申込み・相談に対する対応について

     当組合に対して事業資金の貸付けに係る債務を有する中小企業者のお客様が、業績不振による倒産・廃業、受注減少や
    売上減少による減収など、不安定な経済情勢の影響(状況)等によりご返済が困難となった場合には、当組合の本店、各
    営業店の「金融円滑化相談窓口」等において、貸付条件の変更等のお申込み・ご相談に応じます。

  U. 既往の住宅ローン取引に係る貸付条件の変更等の申込み・相談に対する対応について

     当組合に対して住宅資金の貸付けに係る債務を有する住宅資金借入者のお客様が、勤務先の倒産による解雇、リストラ
    による転職・退職・出向による減収、業績悪化などによる給与・ボーナスの減収、超過勤務減少による減収など、勤務先
    等の事情により返済が困難となった場合には、当組合の本店、各営業店の「金融円滑化相談窓口」等において、貸付条件
    の変更等のお申込み・ご相談に応じます。

  V. 貸付条件の変更等の申込み・相談に対する対応状況を把握等するための態勢整備について

    (1) 当組合は、お客様からの貸付条件の変更等に関するお申込み・ご相談に対し、お客様の実態を十分に踏まえ、迅速
        な検討・回答に努めるため、審査部に貸付条件の変更等に係る情報を集約し、貸付条件の変更等の適否を審査する
        とともに、その内容を記録、保存等いたします。
    (2) 審査部において、お客様からの貸付条件の変更等のお申込み・ご相談に対する対応状況を把握等いたします。
        また、関係各部店において、貸付条件の変更等の申込み・相談に係る情報の共有化に努めてまいります。
    (3) 審査部及び営業店において、貸付条件の変更等をしたお客さまの進捗状況や貸付条件の変更等を行った後、経営改
        善努力を行っているお客様に対して、継続的なモニタリングや経営相談・経営指導及び経営改善支援に努めてまい
        ります。
    (4) 上記(1)〜(3)の態勢整備の推進状況・問題点について、お客様の利害が著しく阻害されるおそれがある事案
        等については、速やかに常勤理事会等に報告し、問題の解決、再発防止に努めてまいります。

  W. 他金融機関等との緊密な連携関係の構築について  

     当組合は、他の金融機関から借入を行っているお客さまから貸付条件の変更等について、お申込み・ご相談があった場
    合には、お客様のご要望に基づき、情報共有の同意をいただいた上で守秘義務に留意しつつ、該当する他金融機関、政府
    関係金融機関(日本政策金融公庫、商工組合中央金庫)、信用保証協会、住宅支援機構、企業再生支援機構、事業再生A
    DR、中小企業再生支援協議会等間で相互に貸付条件の変更等に係る情報の確認を行うなど、緊密な連携関係に努めてま
    いります。

  X. お客様への説明態勢の充実について  

     当組合は、お客様からの貸付条件の変更等に関するお申込み・ご相談に対し、迅速かつ誠実な対応に努めるとともに、
    その対応に際しては、お客様とのこれまでの取引関係やご理解、ご経験の度合い、資産の状況等に応じた適切かつ丁寧な
    説明に努めてまいります。   
     また、お客様のライフサイクルにあわせた各種金融サービス情報の提供に努めてまいります。

  Y. 貸付条件の変更等の実施状況の公表について  

     当組合は、中小企業等金融円滑化法に基づき、貸付条件の変更等の申込み、実行等の実施状況(累積件数・累積金額)
    を半期(9月末・3月末)毎に、それぞれの期末より45日以内に開示します。   
     


  
以 上
                                  

真岡信用組合

〒321-4361
栃木県真岡市並木町1-13-1

TEL 0285-82-3496